Skip to content

疲れやすい時は虎ノ門の内科

疲れとは誰もが経験する症状です。仕事をしすぎてオーバーワークである、残業が深夜まで連日に及ぶ、上司に気を使いすぎて疲れる、子育てや介護で過労気味であるなど疲れは日常生活で多くの人が感じるものなのです。しかし対してオーバーワークでも、仕事や介護が忙しいものでもないのに、朝起きてから終日倦怠感に苛まれる場合は要注意です。休日に二日も寝たきりであるのに、一向に疲れが取れない場合には早急に虎ノ門の内科を受診すべきです。

虎ノ門の内科ではその疲れの原因を精密検査で解明します。血液検査を行えば、ある程度の病気の有無が分かってくるのです。疲れを非常に感じやすい代表的なものとして甲状腺の疾患を上げることができるでしょう。橋本病やバセドウ病が代表的なものであり、甲状腺機能が亢進したり低下することで、疲労感や倦怠感を常に感じるようになります。

バセドウ病に至っては、急激な体重減少や、眼球の突出、頻脈や多汗なども見受けられるようになるのです。放置すると命に係わる病気でもあるので看過せずに虎ノ門の内科を受診することが大事です。虎ノ門の内科では定期的な血液検査で経過観察し、数値に読手処方するお薬の増減を決めてくれます。甲状腺疾患は風邪のように薬を飲んだからと言ってすぐに完治するわけではありません。

高血圧と同様に慢性疾患にも数えられるので、定期的に検査を受け気長に治療していく必要があります。一ずれにしても早急の受診が大事です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です