Skip to content

健康を考えた虎ノ門の内科の検査

日本の経済状況が悪化する一方で、それでも企業として業績を上げているところでは、ビジネスマンやOLの人材が活躍していることから来ています。日本人は特に虎ノ門のオフィス街では働き盛りが頑張っている一方で、管理職などは年齢が高くなることで生活習慣病などのリスクを伴ってきます。その為に虎ノ門では内科などで健康診断をしており、常にビジネスにおける健康状態を把握することが人材を守る方法だと位置づけています。労働環境もありますし管理職などの役職にもよりますが、ストレス過多によって飲酒量が多くなったり栄養を無視した食事をしているケースでは、病気になるリスクは高いです。

虎ノ門のビジネスマンはストレスとの付き合い方で健康を模索する必要があり、内科で積極的に発信していることが食事療法といわれています。医学的に考えると食事は好きなものを食べるよりも、より栄養価の高いもの、今の自分に必要な栄養をベースに考えたほうがいいです。例えばタンパク質不足をしている人は、植物性タンパク質を摂取するのに、豆腐や納豆などの大豆製品を食べるほうがベストといえます。内科ではビタミンやミネラルなどの栄養を話すことも多いですが、今では良質なタンパク質の摂取も勧められています。

また運動不足による健康被害が出やすいのは、デスクワークがメインの仕事だと、どうしても筋力を使うことが少ないです。これもウォーキングなどの運動を取り入れることで、健康状態を維持することができ検査結果もよくなります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です