Skip to content

虎ノ門エリアでの内科の選び方

虎ノ門にはクリニックがたくさんあり、その中には内科と標榜しているところが複数あります。内科とだけ書かれているとどういった症状の時に受診すれば良いのか迷いますが、もともとは手術することなく薬を投与することで治療する科の総称であるため、なにかの原因でケガをした、手術が必要だというとき以外は受診すれば良いということになります。内科には消化器や循環器など臓器の名前がつく場合がありますが、これは特にその臓器を専門とするという意味です。そのため胃腸の調子が悪い場合は消化器科、動悸がするといった場合は循環器科で診てもらうことになります。

ただし体調不良の原因がはっきりわからない、原因がよく分からないが発熱しているという場合はまず一般内科を受診して原因を診断してもらい、その後必要と診断された場合は専門の科を受診するようにします。そういった意味では内科は医療の入口であり適切な専門家へ振り分けることための診療科だといえます。虎ノ門エリアでのクリニックの選び方ですが、定期的に通院することになった場合、通えるかどうかが大きなポイントになります。日常生活の延長上にある、通勤や退勤のついでに立ち寄ることができれば無理なく通院することができますが、わざわざ電車を乗り換える必要がある、回り道をしなくてはいけないということになれば面倒になり足が遠のいてしまう可能性があります。

虎ノ門は企業のビルが建ち並ぶオフィス街であり、クリニックも数多くあるので夜遅くまで診療しているところもあります。万が一、体調が悪くなったときのために勤務中や会社の帰りに見てもらえるかかりつけ医を職場の近くに見つけておくことが大切です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です