Skip to content

渋谷の頭痛外来では頭痛ダイアリーのつけ方を指導

渋谷の頭痛外来のあるクリニックには、いろいろなタイプの頭痛に悩む方が来院しています。頭痛の種類は350種類以上ありますが、何かしらの頭痛に悩む日本人は3000万人以上と言われています。頭痛が起きる原因はさまざまです。元になる疾患がない頭痛は一次性、クモ膜下出血などの病気があって起きている頭痛は二次性に分類されています。

特に疾患がなく起こる一次性頭痛には、片頭痛や緊張型の頭痛、群発頭痛などがありストレスやホルモン分泌、天気などいろいろな要因がきっかけとなって発症し、そのメカニズムは大変複雑です。光や音、におい、気温、食事の内容などが複雑に関わることも多いので、渋谷の頭痛外来では頭痛ダイアリーのつけ方を指導しています。頭痛ダイアリーでは、気温や出来事、食べた物などを記録する内容になっています。続けて日記を記録することで、頭痛が起きる日に何かしらの共通点を見つけるのが頭痛ダイアリーのねらいです。

渋谷の頭痛外来では、レントゲン・MRI・CTスキャンなど最新式の医療機器を完備しています。MRIやCTスキャンを使った精密検査で、一次性の頭痛か二次性の頭痛かを識別します。一次性の頭痛の場合、治療は痛み止めが中心で頭痛が起きると嘔吐を伴う方の場合は吐き気止めが一緒に処方されます。頭痛は女性に多い症状ですが、妊娠中や授乳中、また妊娠を希望している方の場合は頭痛の治療に使える薬がどうしても限られてしまいます。

渋谷の頭痛外来では、こうしたデリケートな時期の女性の患者さんにおいては産科医の対応も可能です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です