Skip to content

渋谷の頭痛外来では片頭痛の予防薬も処方

頭痛に苦しむ日本人は3000万人以上と言われています。渋谷には頭痛外来のあるクリニックがあり、いろいろな方が相談に訪れています。また頭痛の種類も300を超えていて、渋谷の頭痛外来ではレントゲンやMRI、CTスキャンなどを使った精密検査で頭痛のタイプを正確に診断して治療をしています。原因となる疾患がないのに起こる頭痛の代表に、片頭痛があります。

片頭痛の患者さんは女性に多く、ホルモンの分泌バランスや気圧など自然条件、光や臭い・音などのいろいろな刺激が原因でも発症しそのメカニズムは大変複雑です。渋谷の頭痛外来での片頭痛の治療は、鎮痛剤・トリプタン製剤・吐き気止めが中心です。鎮痛剤は片頭痛の頻度が比較的少なく、痛みの程度もある程度軽症な方に用いられます。片頭痛の発作が頻繁に起こり、痛みも重篤な方ではイミグランに代表されるトリプタン製剤が処方されます。

片頭痛の患者さんでは発作時に激しい嘔吐を起こす方が大変多く、鎮痛剤・トリプタン製剤ともに吐き気止めが一緒に処方されるのが一般的です。トリプタン製剤には、錠剤を服用するタイプの他に鼻から噴霧するタイプや皮下注射タイプもあり嘔吐が激しく錠剤を服用できない時に有効です。また渋谷の頭痛外来では、片頭痛の予防処置にも積極的に取り組んでいます。予防には、片頭痛の前兆を軽減させてトリプタン製剤を効きやすくする効果のある漢方薬や神経の興奮を抑えててんかん発作を起こりにくくする抗てんかん薬などが使われています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です