Skip to content

渋谷の頭痛外来で片頭痛の治療や予防

頭痛に悩む日本人は3000万人以上と言われていて、渋谷の頭痛外来にも多くの方が相談に訪れています。頭痛の種類は実に350以上とも言われていて、原因も対処方法もさまざまです。頭痛のうち、元となる疾患がないものを一次性の頭痛、疾患があって頭痛が起きているものを二次性の頭痛と区分しています。一次性の頭痛の代表が片頭痛です。

渋谷の頭痛外来にも、片頭痛に苦しむ方が多く受診しています。片頭痛が起きる原因には、何らかの刺激で血管が拡張・収縮を繰り返すことで神経が刺激されるという説や、三叉神経系の痛みとする説などがあります。またストレスやホルモンの周期、気圧などいろいろな要因が重なって起きると考えられています。渋谷の頭痛外来では、まず一次性の片頭痛であるかどうか、つまり頭痛を引き起こしている疾患が存在しないかどうかをレントゲンやMRI、CTスキャンなどの最新医療機器を使って精密検査しています。

渋谷の頭痛外来では、片頭痛の頻度や程度、患者さんのライフサイクルなどに応じた治療をしています。片頭痛の発生頻度が比較的少なく、痛みの程度が軽症なケースでは鎮痛剤が処方されます。片頭痛の発作がひどく、また頻繁に痛みが起こる方では錠剤の他に鼻からの噴霧や皮下注射で用いるトリプタン製剤を処方しています。噴霧式や皮下注射タイプのイミグラン製剤が使われるのは、片頭痛の患者さんでは痛みとともに激しい嘔吐が起こる方が多く、嘔吐が起こると錠剤の服用は困難なことも多いからです。

片頭痛の治療では、痛み止めとともに吐き気止めが処方されることが多くなっています。また患者さんの状態によっては、神経の興奮を抑える作用のある抗てんかん薬が予防に有効なこともあります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です